民法772条 – e

条文

しかしながら,民法772条による嫡出推定が及ぶことに関連して,出生届がされていない場合であっても,親子関係不存在確認や強制認知等外形的に子の身分関係を確定するための手続を行っているときは,市区町村長は,当該手続が行われていることの疎明

民法第一編第二編第三編別冊ノ通定ム 第百条 代理人が本人のためにすることを示さないでした意思表示は、自己のためにしたものとみなす。ただし、相手方が、代理人が本人のためにすることを知り、又は知ることができたときは、前条第一項の規定を

民法家族法(親族・相続)第772条~第837条について条文と判例を紹介するページです。新司法試験、法科大学院入試、ほか各種資格試験の勉強に役立ててください。民法親族・相続第772条~第837条の条文音読ファイル、条文穴埋め問題も掲載します。

1 はじめに

民法では、772条1項で、 772条 第1項 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 と定めています。 婚姻中に出来た子供は夫の子だと当たり前のことを書いているように思いますが、ちょっと待ってく

第772条【嫡出の推定】 ① 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。② 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。「解釈・判例」とは条文には、様々な解釈論や裁判の結果(判例)が存在

法務省の研究会は、22日付で「嫡出の推定」(民法772条)に関する見直し案を公表した。嫡出の推定とは、出生の状況などにより「その父親の子供に違いない」と推定することで、例えば「婚姻状態」がそれにあたる。今回、婚姻後200日以内の場合は夫を嫡出推定の対象としない、離婚後300日

父の推定. 民法772条は1項で「妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する」ことを規定する。 また同条2項は妊娠中の期間を想定して「婚姻の成立の日から200日を経過した後」または「婚姻の解消もしくは取消しの日から300日以内に生まれた子」は、「婚姻中に懐胎したものと推定する」こと

May 25, 2016 · 女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月間と規定している民法733条を100日に短縮し、離婚時に妊娠していないことなどを証明できれば禁止期間内でも

[PDF]

〔論説〕 民法772 条(嫡出の推定)の系譜と解釈 はじめに The pedigree and the in terpreta tion of Civi1 Code Article 772 平田 厚 民法772条に規定されている嫡出の推定規定は,フランス民法をもとに導入 されたものである。もともと婚姻に基づく懐胎と出産を兼ね備えている子を嫡

民法第772条第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

[DOC] · Web 表示

離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子とする民法772条の「300日規定」の問題で、党「民法772条問題対策プロジェクトチーム」は3月23日、会合を開き、衆議院法制局から、「300日規定」での特例を定めた法案骨子の提示を受け、議論を行った。

「民法第733条第2項に該当する旨の証明書」とは,再婚をしようとしている本人である女性を特定する事項のほか,(1)本人が前婚の解消又は取消しの日であると申し出た日より後に懐胎していること,(2)同日以後の一定の時期において懐胎していないこと,(3

なぜ100日を超える部分が違憲とされたのか?

朝日新聞掲載「キーワード」 – 民法772条の用語解説 – 「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する規定。福祉の観点から「父のない子」をつくらないよう法律上の父を確保する意味があった。実際には260~280日程度で生まれる子が多く、300日に科学的根拠はないとされる。

Dec 02, 2017 · 無戸籍児問題は、民法772条による父子関係の「嫡出推定」制度が容易に推定を覆すことを認めていないことと、その嫡出推定の否認権が父にしか

民法772条は、改正するべきですか? 民法772条の「嫡出の推定」規定は、改正された方がいいのでしょうか?確かに古い法律で、当時としては考えられない方法と確度で親子関係がわかる現在から見れば、「とっくに改

Read: 1022

日曜日の用語解説:民法772条問題. ここにきてにわかにクローズアップされてきた民法772条問題。これが原因で無戸籍の子どももたくさんいるというなかなか深刻な問題、どういうことなのか押さえておきたいところです。

第722条【損害賠償の方法及び過失相殺】 ① 第417条【損害賠償の方法】の規定は、不法行為による損害賠償について準用する。② 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。「超訳」とは 通常の六法に載っている条文は、法律独自の

民法772条. ① 妻が婚姻中懐胎した子は、夫の子と推定する。 ② 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

民法第772条「嫡出推定」 民法はその第772条で、結婚している夫婦の間に生まれた子供は夫の子供であると規定しており、これを嫡出推定という。 民法第772条(嫡出の推定) 1 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。

民法家族法(親族・相続)第725条~第771条について条文と判例を紹介するページです。新司法試験、法科大学院入試、ほか各種資格試験の勉強に役立ててください。民法親族・相続第725条~第771条の条文音読ファイル、条文穴埋め問題も掲載します。

【民法772条~777条 】嫡出推定・嫡出否認の訴え(わかりやすい条文解説) 2018年8月29日 shoshilabo こんぶ先生の民法ラボ(改正民法・合格体験記・過去問1問1答解説・条文解説)

法務省の研究会は、22日付で「嫡出の推定」(民法772条)に関する見直し案を公表した。嫡出の推定とは、出生の状況などにより「その父親の子供に違いない」と推定することで、例えば「婚姻状態」がそれにあた – Yahoo!ニュース(幻冬舎ゴールドオンライン)

そもそも100日の再婚禁止期間は、民法772条の推定が、前婚の夫と 再婚後の夫とで重複するのを防ぐため。 (結婚翌日に離婚して、再婚して、201日目に子が生まれると、772条で 前婚解消後300日内だし、再婚後200日経過してる。と、前婚の夫の子と推定され、

e-Govサイトの全てのページを暗号化することに伴い、URLが「https」から始まる形に変更となりました。「https」から始まるURLへ変更してアクセスください。

離婚後300日問題-民法772条による無戸籍児家族の会 離婚後300日問題、相談無料。 この世から『無戸籍児』をなくしたい・・・ 心からそう願っている、家族と支援者のブログです。

[PDF]

第一章 民法772条の制度趣旨と意義 第一節 民法772条の沿革 民法772条は,嫡出推定の規定である。具体的には第⚑項で「妻が婚姻 中に懐胎した子は,夫の子と推定する。」とし,第⚒項で「婚姻の成立の

[補説]民法772条の規定によるもので、扶養義務を負う父親を早期に確定し、子の身分関係を安定させることが目的。嫡出推定を否定するには、嫡出否認や親子関係不存在確認などの手続きが必要。

e-Govサイトの全てのページを暗号化することに伴い、URLが「https」から始まる形に変更となりました。「https」から始まるURLへ変更してアクセスください。

民法772条【嫡出の推定】 ①妻が婚姻中に懐胎した子は,夫の子と推定する. ②婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は,婚姻中に懐胎したものと推定する.

スポンサードリンク ・行政書士試験にわずか147日で合格した勉強法 ・行政書士受験生にオススメのAmazon Kindle Unlimitedで読める本 民法親子に関する規定第772条~第837条のポイントをわかりやすく

[補説]民法772条の規定によるもので、扶養義務を負う父親を早期に確定し、子の身分関係を安定させることが目的。嫡出推定を否定するには、嫡出否認や親子関係不存在確認などの手続きが必要。

民法 第855条 第1項(後見人の被後見人に対する債権又は債務の申出義務) 民法 第855条 第2項(後見人の被後見人に対する債権又は債務の申出義務) 民法 第856条(被後見人が包括財産を取得した場合に

民法772条2項による嫡出推定が、大きな社会問題となっています。真実の父の名を記した出生届が受理されず、戸籍のない子供が多数存在するのです。 現在、この嫡出推定を覆すには、前夫を巻き込んで親子関係不存在確認の訴えまたは嫡出

民法772条:嫡出の推定に対して可能な反証の方法・内容についてお尋ねします。 推定に対しては反証が許されるので、嫡出を否定する証拠(dna鑑定など)があれば嫡出の推定は及ばず、実父を父として出生届を提出したり戸籍を

[PDF]

法と調査2016.10No.381(参事務調室編・発行) 98 1 戸籍に記載がない者をいう。 2 『毎日新聞』(平18.12.24) 3 無戸籍のためパスポートが取得できず、海外への修学旅行に行けないといったケースなどが報道された。 4 法務省ホームページ「民法772条(嫡出推定制度)及び無戸籍児を戸籍に記載する

判示事項 再婚禁止期間 平成27年1 民法733条1項の規定のうち100日の再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項,24条2項 2 民法733条1項の規定のうち100日を超えて再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項,24条2項 3 立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 4 国会が民法733条1項

離婚後300日問題-民法772条による無戸籍児家族の会 離婚後300日問題、相談無料。 この世から『無戸籍児』をなくしたい・・・ 心からそう願っている、家族と支援者のブログです。

推定されない嫡出子ついては、民法772条類推適用説もあるが、通説・判例は事実上の推定説をとっており、親子関係を争う場合には嫡出否認の訴えではなく親子関係不存在確認の訴えによるべきとする(最判昭41・2・15民集20巻2号202頁)

条文民法 > 第四編 親族 > 第二章 婚姻 > 第四節 離婚 > 第二款 裁判上の離婚(裁判上の離婚)第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。一 配偶者に不貞な行為があったとき。二 配偶者から悪

民法772条の趣旨は、法律婚を保護し、かつ、親子関係を保護するための条文であります。同条の条件の下に生まれた子供は、大抵はその夫婦の間の子であろう蓋然性が高いから、そう扱うことが親子関係の安定につながる。

1、条文 第七百七十二条 子カ婚姻ヲ為スニハ其家ニ在ル父母ノ同意ヲ得ルコトヲ要ス但男カ満三十年女カ満二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ在ラス 2 父母ノ一方カ知レサルトキ、死亡シタルトキ、家ヲ去リタルトキ又ハ其意思ヲ表示スルコト能ハサルトキハ他ノ一方ノ同意ノミヲ

夫と民法772条により嫡出の推定を受ける子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであり,かつ,子が現時点において妻及び生物学上の父の下で順調に成長しているという事情があっても,親子関係不存在確認の訴えをもって父子関係の存否を争うことはでき

・772条の嫡出推定の及ぶ子について、夫と妻の婚姻関係が終了してその家庭が崩壊しているとの事情があっても、嫡出否認の訴えの提起期間経過後に親子関係不存在確認の訴えをもって父子関係を争うことはできない。 +判例(H12.3.14)

私個人としては、民法772条の規定は、まだそれほどdnaの検査技術などが発達しておらず、高度の蓋然性をもって父子関係がないことを証明できない時代に、訴えが乱発されることで、子どもの法的地位が不安定になることを予防するために設けられた規定で

「民法」の全条文を掲載。 (第763条―第769条) 第2款 裁判上の離婚(第770条・第771条) 第3章 親子 第1節 実子(第772条―第791

民法772条【嫡出の推定】 ①妻が婚姻中に懐胎した子は,夫の子と推定する. ②婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は,婚姻中に懐胎したものと推定する.

【 民法722条2項 】 被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる。 【Q】では、被害者の過失と評価されるべき事柄ではなく、被害者側の事情が損害の発生や拡大に寄与している場合に、これを損害賠償額の

[PDF]

婚禁止期間である。しかし、民法772条2項の規定構造 からすれば、父性推定の衝突を避けるためには、100 日をおけば足りるはずであり、6箇月は過剰な規制で あるとの批判が強かった 1。なお、この6箇月という数 字にはっきりとした計算的な基礎はない。

旧民法第77条(清算人及び解散の登記及び届出) 1 清算人は、破産手続開始の決定及び設立の許可の取消しの場合を除き、解散後主たる事務所の所在地においては2週間以内に、その他の事務所の所在地においては3週間以内に、その氏名及び住所並びに解散の原因及び年月日の登記をし、かつ

民法重要条文と判例,民法第722条,条文と解説

法務省の研究会は、22日付で「嫡出の推定」(民法772条)に関する見直し案を公表した。嫡出の推定とは、出生の状況などにより「その父親の子供に違いない」と推定することで、例えば「婚姻状態」がそ

1 上告代理人河村正和ほかの上告理由のうち民法777条の違憲をいう部分に ついて 民法772条により嫡出の推定を受ける子につき夫がその嫡出子であることを否 認するためにはどのような訴訟手続によるべきものとするかは,立法政策に属する

ただ、報道では民法733条の『再婚禁止期間』がクローズアップされていますが、同じ民法772条の『嫡出の推定』にも触れると思われます。 こちらも注視でしょう。 というか、この部分が大きいですよね。 行政の対応. ところで、行政側の対応は早いようです。

平成28年6月7日改正された民法第733条と746条が施行されました。再婚禁止期間を6ヵ月から100日になるというものです。記憶にも新しい平成25年9月4日にも非嫡出子の相続分差別規定も違憲判決が下されました。このような判決が出ている中、日本の法律も時代に合わせて少しずつ変わっていく必要

民法772条2項の離婚後300日以内に出産した子どもを前夫の子と推定する規定 によって困難な状況に陥っている当事者4組が、それぞれの体験を直接議員に話 しました。

民法(嫡出の推定)第772条妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。2婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

婚姻の届出から200日を経ないで出生した子は,嫡出推定を受けない(民法772条2項)。それにもかかわらず,夫婦の嫡出子としての届出が受理される。